日々の生活や仕事のトレンドを掘り下げるフグのブログ

ライフグ

生活

金融庁3000万円の内訳は?詳細と生活費の内訳も含め実際いくらかも調査

投稿日:

金融庁が独自試算で1500万~3000万老後に必要と発表されました。

 

2000万でも非難が飛び交っていたのに3000万ということでさらなる怒りの声が上がっています。

 

ですが、実際何にいくらかかる想定でいくら足りないという話なのかよくわからない人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、実際3000万と言われているものの内訳とはどうなっているのか。実際それで足りるのかについても調査しました。

 

金融庁の発表の3000万円の内訳の詳細について調べた

金融庁の発表した1500万~3000万円の内訳は以下でした。

退職後の支出は65歳から95歳までの30年間を想定していて合計9500万~1億1000万が必要という試算です。

詳細は

退職後の生活費

退職後の支出 退職後の収入 必要な資産形成
退職後の生活費9000万
(月24.8万×12か月×30年)
公的年金(基礎+厚生年金)8000万
(22.1万×12か月×30年)
住宅の修繕費、医療費、車の買い替え費
500万~1000万
退職金・私的年金1000万~2000万
(2.7万~5.5万×12か月×30年)
※確定拠出型年金やIDECO含む
介護費用0~1000万 住宅・教育ローン返済の減産-1000万~0
合計:9500万~1億1千万 合計:8000万~1億 合計:1500万~3000万

これよく見ると収入の項目に退職金・私的年金は場合によって住宅・教育ローン返済でなくなりますよと書いてありますね。

 

しかも退職金の部分は私的年金(確定拠出型年金やIDECO)も含まれているという部分も大事ですね。

 

退職金ももらわないことも想定しておかないといけなそうです。

金融庁3000万円発表の生活費月約25万円の内訳についても調べた

月25万円の内訳についても調べてみましたが、前回の2000万のときの時は実支出が263,718だったので差がありますね。

 

ですので多めにみて前回の263,718円について詳しく調べてみました。

 

65歳~必要とされている月263,718円という試算ですが内訳は下記のようになっていました

 

元のソースは厚生労働省の金融審議会「市場ワーキング・グループ」(第21回)議事の厚生労働省提出資料という資料のようです。

厚生労働省提出資料→https://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/11/dl/s1126-10a.pdf

 

その中の24ページに記載がありました。その内容をまとめました。

 

夫65歳と妻60歳以上の場合の統計だそうです。

費用項目 金額
食費 64,444
住居費 13,656
光熱水道費 19,267
家事・家事用品 9,405
被服・及び履物 6,497
保険医療 15,512
交通・通信 27,576
教養・娯楽 25,077
その他消費支出 54,028
非消費支出 28,240
合計 263,718

上記が内訳になっていました。2017年の実態を表にしたものなようです。

住居費が少ない!っていうのと非消費支出が気になりますね。

なぜ老後の住居費が少ないのはなぜ?理由や非消費支出とは何なのかも調べた

住居費・非消費支出の順に触れたいと思います。

老後(65歳以上)の住居費の少ない理由

総務省の家計調査を調べていく下記のような記載ありました。

住居についてはこんな記載が

現住居,現住居以外の住宅及び宅地に関するもの並びにこれらに伴うサービスに対する支出。ただし,事業経費である貸家に係る支出は除く。なお,住宅又は土地の購入,新築,増改築は「財産購入」,住宅ローン返済は「土地家屋借金返済」であり,住居費には含めない。

出典:家計調査 収支項目分類及びその内容例示(平成27年(2015年)1月改定)の住居費の項目にて
http://www.stat.go.jp/data/kakei/kou27/reiji27.html

 

土地の購入・新築や増改築は財産購入なので住居費には入りません。ローン返済も住居費にははいりませんと書かれています。

 

だから住居費が非常に安かったのですね。

 

ということは65歳までに住居を購入してローンも払い終えてないと約14000円といった住居費には実現できないという点に注意が必要ですね。

 

実際に住居費としてかかる項目としても引っ張ってきたので興味のある方だけ詳しく見てみてください。

〇が適応されるもので、×が適応されないもののようです。

①家賃地代 住宅・土地の貸借料。家賃の前払としての性格を有する権利金,契約手付金,仲介手数料なども含む。
民営家賃 民間法人企業及び個人企業が所有する住宅の貸借料。間代・日割家賃も含む。
公営家賃 公営企業及び地方公共団体が所有する住宅の貸借料。日割家賃も含む。
○  都市再生機構(UR)・公社の家賃
給与住宅家賃 勤務先が所有する又は借り上げている住宅の貸借料。間代・日割家賃も含む。
地 代 借地として契約してある宅地の地代。
○  私道の地代
○  地代の値上がり分
他の家賃地代 400~404の項目に分類されない家賃地代。
○  借家・借間の謝礼金,権利金及び契約手付金
○  借家・借間の仲介手数料
○  私道の通行料
×  借地権・地上権の更新料→087
×  家賃・間代の敷金→089
②設備修繕・維持 住宅,庭などの設備やその修繕に関するもの。ただし,居住面積が増えるようなものは「財産購入」とみなし,設備修繕・維持には含めない。
設備材料 住宅,庭などの設備器具及び修繕材料。
設備器具 耐久財的要素を持つ設備器具などであって住宅,庭などの設備として住宅,庭などと一体となって機能するもの。分離できない工事費及び部品も含む。
○  システムキッチン
○  テラス  ベランダ
○  物干し台  プレハブの物置
○  障子・戸・ふすま・窓枠(アルミサッシ)・網戸などの
  建具
○  アコーディオンカーテン
○  温水洗浄便座
○  洗面化粧台
○  浴槽  各種風呂釜
○  温水器
○  庭石  庭用植木
○  庭園灯  水銀灯  スポットライト  防犯灯
×  小型ガス湯沸器(台所用)→452
修繕材料 主として半耐久財的要素を持つ材料。非耐久財(消耗品)も含む。
○  れんが  ブロック
○  トタン  金網  ペンキ・ニス・ラッカーなどの塗料
○  セメント  砂
○  ベニヤ板
○  リノリウム・プラスタイルなどの床材
○  防腐剤  防錆剤  防かび剤
○  くぎ  戸車  レール
○  鍵
○  壁紙  ふすま紙  障子紙
○  住宅用両面テープ
○  人工芝  芝  土  砂利  竹材
×  犬小屋用木材→84Y
×  園芸用土・竹材・木材→847
工事その他の サービス 住宅,庭に関する設備工事,修理のためのもの。設備に関する保守サービス及び住宅に関する掛け捨て型の保険料も含む。
畳替え 既製の畳を購入した場合も含む。
○  畳表替代  畳裏返し代
○  畳床修理代
給排水関係工事費 台所,風呂場,洗面所,トイレ,水道,排水管などの水回り設備に関する工事費,修繕維持費。保守点検費も含む。
○  排水管清掃代
○  水洗トイレ工事費  トイレ水漏れ修理代
○  浴室改修工事費
○  水道修理代
○  システムキッチン取付代
○  給水給湯工事費
外壁・塀等工事費 家屋の外回り及び家屋に付帯する設備(門,塀,柵など)に関する工事費,修繕維持費。
○  外壁塗装  外壁吹き付け
○  外回り工事費
○  屋根の修理代 雨どい修理代
○  左官屋修理代  左官代金
○  門・塀工事費  ブロック塀工事費
○  ベランダ工事費
植木・庭手入れ代 植木や庭の維持,管理に必要なサービスに関するもの。
○  庭木のせん定代
○  庭木薬剤散布代
○  植木屋支払  庭職人支払
○  造園代金
他の工事費 420~426の項目に分類されない工事費。工事費以外のサービスも含まれる。
○  板ガラス取替代  サッシ修理代
○  エアコン取付代
○  床張替代  フローリング工事費
○  ふすま張替・補修代
○  ガレージ工事費
○  白あり防除駆除検査・工事費
火災・地震保険料 火災や地震,その他災害に関する掛け捨て型の保険料。

大きくわけると

①家賃

②修繕費

が住居費項目となっています。

 

ですが家賃払っている人だった場合その時点で不可能な試算になりそうなので住居購入者だけにアンケートをとったのでしょうか?

 

でないと年間約16万の住居費は不可能になってしまいますね。

 

家賃を払い続ける予定の人はもっと多めに見ておくことは必要そうです。

 

老後(65歳以上)の非消費支出とは何か?

非消費支出についても調べてみました。

 

非消費支出については下記のような記述がありました。

勤労所得税,個人住民税などの直接税,社会保険料などの世帯の自由にならない支出及び消費支出に含まれない移転的支出。

とのことです。

つまり税金ということですね。

 

こちらについても興味のある方向けに詳しい支出を記載するので必要な方だけご覧ください。

 

また、その他の消費支出以外にも実消費支出以外の支出という項目もあったのでまとめて記載します。

 

先ほどのローン返済などの住居費についてもこちらに含まれていることになります。

 

こちらは実消費支出に含まれていないのでこの項目が65歳の時にあったとしたら追加の支出となりますのでご注意ください。

 

具体的には

保険料

ローン返済費

商品の分割払い金額

といったところが実消費支出以外の消費にあたります。

 

詳しくご覧になりたい方だけご覧ください。

直接税
勤労所得税 所得税法第28条第1項に定める給与所得に対して課税される所得税。
個人住民税 地方税法に定める個人に対する道府県民税及び市町村民税。都民税及び特別区民税も含む。
○  道府県民税(都民税)
○  市町村民税
○  特別区民税(区民税)
他の税 070,075の項目に分類されない直接税。
○  所得税(勤労所得税を除く。)  贈与税  相続税
○  不動産取得税  自動車税
○  都市計画税  固定資産税
○  登録免許税
○  収入印紙(医師,薬剤師,管理栄養士,理美容師などの免許登録料)
社会保険料 法律に基づき納入する各種社会保障的性格を有する保険料。
公的年金保険料 国庫負担金を伴う各種年金保険料。
○  厚生年金  国民年金
○  各種共済組合等掛金(長期)(平成27年10月より厚生年金へ統合予定)
健康保険料 業務外の原因により生じた疾病,負傷などに関する医療費の給付を目的とする公的保険料(一部,健康保険料と分割されていない介護保険料を含む)。
○  国民健康保険料  健康保険料
○  各種共済組合等掛金(短期)
介護保険料 40歳以上の人を対象とし,本人が介護を必要としたときに介護サービスが受けられる公的社会保険料。
○  第1号被保険者(65歳以上)
○  第2号被保険者(40歳~64歳)
他の社会保険料 073,074,077の項目に分類されない社会保険料。
○  雇用保険料(失業保険)
他の非消費支出 070~077の項目に分類されない非消費支出。
消費支出に含まれない移転的支出。
○  盗難金  弁償金  示談金  罰金
○  慰謝料
○  電気・ガス・水道などの滞納金
実支出以外の支払
(繰越金を除く)
預貯金の預け入れ,投資,資産購入,借金返済など手元から現金が支払われるが,一方で資産の増加,又は負債の減少を生じる支払。
預貯金 銀行,ゆうちょ銀行,信用金庫などの金融機関への預入金。
保険料 貯蓄的要素のある保険掛金。個人,企業年金も含む。
個人・企業年金 個人が原資を全て拠出する私的年金の掛金及び個人と勤務先の企業,団体が原資を共同で拠出する私的年金の掛金。
保険料
○  個人年金  個人年金信託
○  退職年金  適格年金  厚生年金基金
○  確定拠出年金
他の保険料 083の項目に分類されない貯蓄的要素のある保険の掛金。
○  生命保険  簡易保険
有価証券購入 株式,債券の購入金及び信託への払込金。手数料も含む。
○  国債  地方債  社債  金融債
○  貸付信託  金銭信託  投資信託
×  学校債券→089
×  ゴルフ会員権→089
土地家屋借金返済 土地,家屋購入のための借入金の返済金。
○  住宅金融支援機構返済金  住宅ローン
○  土地・家屋購入の月賦払
他の借金返済 088の項目に分類されない借入金(現金)の返済金。
○  奨学金の返済
○  質受出金
○  カードローン
分割払購入借入金返済 商品及びサービスの購入に伴う2回以上の分割払いのもの。
○  信販払
一括払購入借入金返済 商品及びサービスの購入に伴う一括払いのもの。
○  ボーナス時の一括払い
○  酒屋,米屋,雑貨屋などの掛買払い
財産購入 土地,家屋など不動産の購入金。仲介手数料も含む。
実支出以外の 080~088,092の項目に分類されない実支出以外の支払。
支払のその他 ○  貸金  立替金  敷金  入院保証金
○  ゴルフ会員権
○  学校貸付金  学校債券
○  生活協同組合,信用組合などの出資金,入会金,増資金,積立金
○  金の延べ棒  金貨
繰越金 翌月への手持ち現金の繰越金。

 

結論:3000万あっても本当は足りない可能性がある。若いうちから備えたほうがよさそう。

調べた結果ですが3000万でも足りない可能性が十分あるということがわかりました。

■収入面では

公的年金が21万1,000円より少ない

退職金・私的年金の額が1000万より少ない

教育ローンや住宅ローンが65歳の時に残っている

という場合試算よりも収入が減るからです。

 

■支出面では

生活費が月24.3万より多い

住宅修繕・医療費が1000万より多い

介護費用が1000万よりかかる

ということがあれば3000万でも足りない可能性があるのです。

若いうちに収入をあげて貯蓄できるようにする必要がありそうですね。

-生活

Copyright© ライフグ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.